岐阜県議会12月定例会はじまりました

岐阜県議会の平成24年第5回定例会(12月議会)が開会しました。

お伝えしていますように、12日(水)午後1時から代表質問を行います

本来でしたら、リサーチとヒアリングを重ねた成果である県政の在り方、課題について質す姿を議場にお越しいただいてご覧いただきたいのですが、
あすから衆院選です。。。。。

衆院選期間中はHP、フェイスブックなどインターネットにおける書き込みを自粛します。公職選挙法では、頒布掲示が認められている文書図画は法定のビラや選挙公報などに限られています。この選挙に関しては私は第三者ではなく、選対の幹部なので、文書図画にあたるインターネットの書き込みは止めたほうがいい、という訳です。
公職選挙法自体、ネット社会に適応していません。文書図画の制限は、大量に印刷をして頒布掲示出来る資金力がある人を有利にしないため、と公正を図る目的でした。しかし、ネットを使って資金を使わずとも多くの人に政策や主義主張の宣伝が出来る時代には全く不相応なきまりになってしまいました。
よく取り上げられる問題ですが、公職選挙法の改正を行い選挙でのネット利用の制限緩和を進める必要があります。真剣に取り組むべきテーマです。

 

コメントは受け付けていません。