JR岐阜駅前に国体炬火が灯りました

今月29日から、ぎふ清流国体が始まります。
きのうから岐阜市に入った炬火は、きょうはJR岐阜駅前に設けられた炬火台に点灯されました。
きょうは長良川河畔の鵜飼観覧船事務所前から岐阜市内を二時間ほどかけてミナモ隊などが炬火をリレーしました。
そして午後5時にJR岐阜駅長良口デッキの上に設けられた炬火台に到着し、高校生選手の手で炬火が移されました。このあと40年前に炬火の最終ランナーを務めた古田知事が目前に迫った国体への期待と抱負を語りました。
 炬火台はぎふ清流国体前日の29日までJR岐阜駅前に灯されます。
また炬火台周辺では、毎年冬の風物詩となったイルミネーションが今年は少し早く点灯しました。
 きょうから国体の水泳種目が始まったとあって、JR岐阜駅では他県から国体に参加するために来た選手団の姿が見受けられました。

なお、15日には、今後は炬火の火を提灯に分けて市内を練り歩く「長良川おもてなし隊」のリレーが行われます。
また同じ15日は岐阜市の金神社付近で、きれいな景観で国体を迎えようと外壁の落書きを消すイベントが5年ぶりに行われます。午前10時からと午後4時からです。私も参加します。

コメントは受け付けていません。