大規模災害時の消防活動についてセミナーが開かれました

消防職員のセミナーが行われました。
東日本大震災の際に、命を救う任務の消防隊員が、大勢、命を失いました。
彼らは英雄だ。
でも、出来る事なら、救われる命も、救う命も、失われることは避けたかったことでしょう。
辛い教訓をもとに、国は大規模災害時の消防活動について指針をつくり、各都道府県に通知をしました。きょうはそのことを説明をするセミナーで、開催にちょっと協力したことと、関心のあるテーマなので出席しました。

今年4月に国が出した検討会報告を県の担当者が説明しました。
国の指針は大規模地震で津波などが考えられることへの備えや指揮連絡系統の準備を促すものです。岐阜県は津波の被害はごく一部を除いてないと見られていますが、二次三次のバックアップ体制構築や、どうにもならなくなった時に消防隊員であっても、どのタイミングで撤収するかということを予め想定しておく必要があると思います。

コメントは受け付けていません。