子育てサポートステーション再開

岐阜市柳津にある子育てサポートステーションが再開されました。

消えてしまったブログで、県の補助終了に伴う「はぐはぐ」の閉鎖とその後の経過を書いていましたが、県からの要請で関市で同様の施設「アイリスキッズ」を運営するニチイ学館が運営をすることになり、きょう新規オープンしました。

名称は関と同じ「アイリスキッズ」になります。
一時預かり保育、親子交流会、子育て相談、おしゃべり会といったサービスを提供します。

きょうも中日新聞が取材に来ていました。
この件について書いた3月20日のブログの記事です。 ↓ ↓ ↓

以前ブログで紹介した岐阜市柳津にあるカラフルタウン内の子育てステーション「はぐはぐ」が、これまでの形での運営を今年度いっぱいで終えることになりました。きょうは「はぐはぐ」を利用していたお母様方が集まって、スタッフのみなさんに感謝する集いを開きました。 私も声を掛けていただき挨拶をしました。 「はぐはぐ」は活用していた国の基金が今年度いっぱいでなくなることなどから、きょうをもって終了することになっていました。これに対し利用していた母親の会から継続を求める要望があり、岐阜県では来年度については財源をやりくりして急きょ継続することが決まりました。行政のこういう判断はもっと評価してよいのではないでしょうか。きょうはこの件で努力された県環境生活部の長野次長(今年度で退職されます。御苦労さまでした!)、これまで「はぐはぐ」を運営してきたNPO法人グッドライフサポートセンターの中島事務局長、場所を提供しているカラフルタウンの仁科プレジデントも見えてました。それぞれにお母様方から感謝の言葉を受けていました。 私もプレゼントをいただきました。 身に余る光栄です! 「はぐはぐ」はいったん閉鎖されますが、関市のショッピングセンター・マーゴで子育て拠点を運営する企業が新たに同様の施設を同じカラフルタウンで来月オープンする予定です。また「はぐはぐ」を運営していたNPOグッドライフサポートセンターによる子育てコミュニティーセンター「nico nico」が岐阜市正木のマーサ内にオープンします。岐阜市内で南と北に子育て支援施設が出来ることになります。こうした拠点が増えるのは望ましいのですが、行政の財政支援がどこまで出来るのか、という課題は残ります。「はぐはぐ」については来年度についてはともかく、それ以降はどうなるのかまだわかりません。私は市町村も財政的に協力するなど、自治体間で手を取り合って進めてゆく事業だと考えます。そして行政と運営主体、利用者とみなで考えながら今後の在り方を模索してゆきたいと思っています。

コメントは受け付けていません。