名鉄高架事業、住民説明会

岐阜の長年の課題、名鉄本線高架事業がようやく動き出すのか?沿線住民説明会が先週末から始まりました。
名鉄高架イラスト名鉄岐阜駅と岐南駅周辺を結ぶ名鉄本線(名鉄岐阜ー名鉄名古屋ー豊橋)の高架事業は半世紀ほど前から言われてきました。一時期はJR岐阜駅との統合も含めた構想がありました。平成4年に期成同盟会が、平成8年に沿線住民会議が出来て、平成12年に基本構想が策定されています。
しかし、進みませんでした。様々な要因が考えられます。岐阜県の財政の悪化もその一つと言われています。その後、平成24年に名鉄岐阜駅から茶所駅までを分割で先行事業化が決まり、その後、迅速に踏切をなくすことを目的に名鉄岐阜駅から岐南駅北までを一括で進めることになったものです。
そして岐阜県と名鉄との間で技術的な検討(速度に応じた線路のカーブをどうするか、といったような)が進み、このほど大体の工事箇所と高架後の線路の位置などの計画を住民に示せるようになったということです。
私は初日の25日の説明会に参加したのですが、実に多くの方々が参加していました。
名鉄高架事業 抜粋
高架化事業はメリットの大きい事業です。
まず岐阜市中央部と南東部が線路によって分断されていたのが一体的になる。まちづくりの面でも有効です。また加納踏切をはじめとした「開かずの踏切」をなくすことができる。また規模が小さくても日常生活でよく使う踏切も何箇所もあるので、踏切事故をなくすことができます。さらに言えば、特に加納踏切の北側(まさに私の地元なので、利益誘導と思われそうですが)の地域ではこれからの開発にもメリットがあります。
一方、事業費が(国、県、市、名鉄で分担)巨額になろうこと(ちなみにJR岐阜駅高架事業が700億円弱)、事業に関して移転を余儀なくされる世帯が200世帯と多いこと(JR高架事業では非常に少なかったことと比べれば大変な事業です)、など課題も多くあります。
そして切実な問題を抱えているのは、移転の可能性がある住民です。「これまで半世紀ほど、名鉄高架を進める、進める、と言って全く進まなかった。今度も信用できるのか?」という声を何度聞いたことでしょうか。そうした住民は、自宅の改修も建て替えも出来ず、本当に生活にも影響が深刻だったはずです。また、「事業で自分は移転するのかしないのかわからない」という住民も本当に気の毒です。そうした人たちの中には「残り少ない時間を、これまで過ごした自宅、地域で過ごしたい」という人もいます。
名鉄本線高架事業は、説明会での話を聞くと、都市計画決定、事業認可を経て用地取得までに3年、そのあと工事などに15年はかかり、順調にいって18年程度はかかる大事業です。岐阜県はやる方向でいま進めています。それならば、これまで半世紀、複雑な思いをしてきた人の思いも汲みながら、出来るだけ迅速に事業を完成させて欲しいものです。沿線自治会の県議会議員は私、太田ただ一人なので、私としては沿線住民の声を出来る限り反映させてゆきます。
名鉄高架事業 今後の進め方

コメントは受け付けていません。