岐阜市長選挙、告示まで一ヶ月

カウントダウンが始まる・・・来月26日に告示される岐阜市長選挙まで一ヶ月となりました。
きょう(26日)の中日新聞の記事が正鵠を得ていると思います。


以前から指摘しているように、具体的な政策(マニフェスト)が示されていないことは残念です。岐阜市においても行政に対する市民のニーズは多様化しています。候補予定者は詳細かつ具体的なマニフェストを示すことが求められます。
マニフェストは有権者とをつなぐツールであり、当選後は政策達成度の目安ともなるものです。私がよく引き合いに出す青森県弘前市の現市長が選挙の際に掲げたマニフェストは67項目ありました。
本来なら、候補予定者は支援要請などの動きをする前にこうしたマニフェストを示すべきであろう、というのが私の意見です。

ところで今回の市長選で、私は中立で行くつもりです。三人の候補予定者それぞれ何らかの関わりがあり、誰かを立てれば他の人に不義理になり申し訳ないという気持ちがあるのは事実です。しかし大きな理由は、具体的な政策を比較できないのでまだ判断が出来ないことなのです。
好き嫌いやイメージで選ぶ選挙でなく、政策本位の選挙を定着させたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">