今年度は教育警察委員会

IMG_1813のコピー(写真は昨日=5月8日の民進党全国地方自治体議員総会で講演された慶應義塾大学の井出英策教授と。井出先生のご講演は去年だけでも3回ほど拝聴しており、『誰もが受益者になる』財政戦略で、『分断社会を終わらせる』理念に共感をしています。)

岐阜県議会の臨時会が開会されました。岐阜県議会にとっては今日が平成29年度のスタートです。開かれていて、公正な議会づくりを進め、県民参画が前進するのか、今年度もまた大きな課題です。
議長・副議長をはじめ議会における役職を決めるのが臨時会の目的。私は、常任委員会(6つある)は「教育警察常任委員会」に、特別委員会(政策テーマ別に4つ)は「これからの健康・医療・福祉づくり特別委員会」に所属することになりました。

教育警察常任委員会は初当選した年度、つまり11年前に一年間務めました。3年めからはずっと厚生環境常任委員会で、医療や福祉、介護、障がい者支援、環境行政などを軸に取り組んできました。
8年続けてきた厚生環境常任委員会から代わったのは理由があります。それは一連の社会保障分野をやってきた中で「社会保障としての教育」にもっと深く関わってゆこうと考えたことです。子どもの貧困、貧困の連鎖、という言葉が一般的になりました。そうしたなか、お金のかからない良質な教育を一層整えることは、そうした家庭の子どもたちの未来づくりの支えになる、と考えます。教育は「人生初期の社会保障」となるからです。また日本の公的教育投資が先進諸国の中で低いランクにあることも指摘されています。「家庭の自己責任」になりがちな日本の教育を変えてゆきたいのです。自治体レベルでどれだけのことが出来るかはわかりませんが、少しでも子どもたちとその保護者にとって力になれれば、と思っています。
このほか、障がいのある児童生徒の支援や、生涯学習の一層の推進など取り組みたいテーマは数多くあります。

もちろん、社会保障分野についても手を抜くことはないようにします。特別委員会の「これからの健康・医療・福祉づくり特別委員会」では、がん対策、とりわけがん対策基本条例の改正や介護予防、障がい児者支援にこれまで以上に取り組みたいと思っています。

このほかの議会内での役職では、初めてになりますが都市計画審議会委員と議会活性化対策委員会委員を務めることになりました。

県議会議員として11年め。こんな自分がここまでやってこれたのは支えてくださる方々や組織団体のおかげ。一層の努力をして、改めて岐阜県を改革してゆくことを誓います。