県議会・厚生環境委員会の県外視察を行いました

岐阜県議会・厚生環境委員会の県外視察が10月24~26日、行われました。
今年は大阪府内、京都府内を見学、近いところだけに、余裕のある日程でした。


最初は大阪市此花区にある大阪市環境局舞洲(まいしま)工場、ごみ処理施設です。 ここは何と言っても、その外観で有名です。いろいろ意見はあるようですが・・・ 此花区と福島区あわせて13万人ほどの一帯のごみを引き受けています。


二日目は、まず大阪府貝塚市にある学校法人長栄学園・木島幼稚園を見学しました。 ここは自閉症など発達障がいの子どもを積極的に受け入れ、通常のクラスでの活動のなかで無理のないように社会的な体験をしてもらう教育が取り組まれています。
午後は京都に移動し、JR京都駅前にある公益財団法人・大学コンソーシアム京都を訪問しました。京都は大学のまち、市内に37もの大学があるということで、この大学コンソーシアムは大学間の連携を強めるとともに、総合講座の開催や京都市・地元財界に対するシンクタンク機能などを果たすものとして作られました。岐阜県にも大学コンソーシアムがあるのですが、京都はやはり違います。


三日目、最終日は福祉・医療です。 午前中は京都市上京区にある社会福祉法人市原寮・花友じゅらくだいを見学しました。ここは豊臣秀吉の邸宅・聚楽第の本丸跡地にあり、以前は西陣織の問屋が倉庫や商談会場として使っていた5階建てのビルを買い取って去年オープンしたお年寄り向けの在宅支援施設です。中古のビルを買い取り、まちなかで地域密着の高齢者福祉施設を開設するのはいいアイディアです。


午後は同じ上京区一条通の京都・たなか往診クリニックを訪問しました。ここは往診専門で、田中誠医師と常勤、非常勤の四人の医師で二十四時間対応をしています。高齢人口の増加、そして医療政策の在宅シフトによって、こうした往診専門医が必要とされていますが、医師の負担も重いのは事実です。田中医師によると京都市内で診れるのは一日十二件程度が上限、夜間は「しっかり昼間診れれば、そう呼び出されることはない」という事ですが、気も抜けないことは間違いありません。高い使命感を感じました。

県議会の視察は、今週木・金で地方分権・行財政改革特別委員会の視察が行われます。