ぎふ清流国体が閉会 その他・・・

第67回国民体育大会「ぎふ清流国体」が閉幕しました。 岐阜県選手団は47年ぶり2度目の天皇杯(男女総合優勝)と皇后杯(女子総合優勝)を獲得ました。 関わった県民一人一人が主人公としての国体が成功のうちに終わったことに感謝します。そして、選手・監督コーチはじめ大会関係者、ボランティアの皆様、そして県はじめ県内自治体・教育委員会・警察など職員の皆様にご苦労さまでした。

続く障がい者スポーツ大会「ぎふ清流大会」の盛会も祈念します。

きょうは国体の大団円の一方で、私たちが抱える大問題も。。。
先日の橋本氏(衆院・東海比例)の問題で、県議団が離党勧告と公認差し止めを求めている要請が党本部に提出されました。本部選対は「県連内で再度検討を」と答えたそうです。 これまでの経過を考えれば、何度検討しても良い方向には進まないと思います。決断を。
橋本氏については、きょうの時事通信では「消費税関連法案の採決で反対した・・・」という枕ことばが使われていますが、彼の問題はそれ以前からのことなのです。経緯を踏まえた表現をして欲しい・・・