民主党NCによる木曽川水系連絡導水路事業の現地視察について

各位                                         2008年8月3日

          木曽川水系連絡導水路事業・現地視察

                                        民主党・国土交通部門公共事業検討小委員会

 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。さて、民主党・国土交通部門公共事業検討小委員会では、国土交通省が予定している「木曽川水系連絡導水路事業」について、国会議員による現地視察を実施することになりました。
岐阜県西部の揖斐川上流の水を長良川と木曽川に流す「木曽川水系連絡導水路事業」は、河川環境の改善とともに、徳山ダムから愛知県と名古屋市に都市用水を持ってくるという目的が謳われていますが、総事業費およそ890億円と膨大であるのにも関わらず、東海三県の水需要実態を反映していないとの指摘があります。視察では現地にて国土交通省の担当者はじめ関係者から聴き取りもあわせて行います。
各位におきましては多忙のところ恐れ入りますが、取材・報道のほど、よろしくお願い致します。

視察概要
    2008年8月7日(木)午前9時から午後6時ごろまで。
午前9時      岐阜市「じゅうろくプラザ」集合。
午前10時すぎ   揖斐川町西平ダム視察
(現地視察のほか、国交省担当者からのレクチャーも受けます)
    以下、導水路予定ルートに沿ってバスで移動、視察。
午後2時15分頃  岐阜市長良古津(長良川放流予定地点)
午後5時頃     意見交換会(岐阜市「じゅうろくプラザ」5階会議室)
参加予定
   民主党・NC国交大臣長浜博行参議院議員、近藤昭一衆議院議員、
逢坂誠二衆議院議員、大河原雅子参議院議員 ほか地方議員数名
             

※ 取材される場合は、お手数ですが下記まで取材担当者(記者、カメラマン等)を明記の上、
前日までにファックスでご連絡いただけますよう、よろしくお願いします。

この件についてのお問い合わせ
岐阜県議会議員・太田維久(事務所)
TEL:058-264-4515
FAX:058-264-4516